ロゴ



ロゴ

R-birth ブランドディレクター鬼島 幸秀
2020サイバーフェス特別インタビュー

-今回、新型コロナの影響でラブサミ(※1)が中止となり、R-birth KNIGHTS(※2)の皆様と数少ない貴重な直接対面でのお話をする機会もなくなってしまったことも あり、この場を借りて一度R-birthの今季アイテム解説やこの機会に歴史の振り返り、今後の展望などなどインタビューをさせていただきます。今までそんなになかった機会だと思いますので是非読んでみてもらえたらと思います。
本日はよろしくお願いいたします。


鬼 よろしくお願いいたします。


-まず今回のラブサミ中止について。


鬼 本当に残念ですね。昨今の現状では仕方ないこととは思うのですが、 R-birthは展示会や取り扱いSHOPがあるわけでもないのでこういった物販イベントでKNIGHTSの皆さんと直接お話できるのは作り手としても本当にこう、思いをもらうものでしたので。それに他の出店されているブランドさんとも会ってお話できるチャンスもありましたし。


-Knightsのお客様、他ブランドさんとは例年ですと会場でどんなお話を?


鬼 お客様は本当にもう、ありがたくて。宮城県からきちんとうちの服を見たいからと、毎回新幹線で足を運んでくれる方や、毎年ラブサミでしか会えないその場でオーダーをいただくトゥルーロマンスマニアの方や、ブースに来るたびお土産を持って来ていただく方もいたり。いつも僕は本当にうち程度の小規模なブランドを購入してくださるお客様に通販に小さなお礼状を入れてるんですよ。本当僕の手前勝手な気持ちで すけど。そういうのでも、逆にお客様からレスポンスとして会場で直接お言葉をいただけることも何よりも活動の励みになりますし。 出店されている他ブランドさんの中は、先輩ブランドのコアチョコさん(※3)の近くにいつもブースを借りるんですが、やはり主催ブランドの堂々たる大盛況っぷりも勉強になりますし、ヘッドグーニーさんは新作気になってブースを抜け出して見に行っちゃいます。ほかにもUSELESSの河下くんはラブサミで知り合って以来、Tシャツグラフィックデザインの域を超えた異端児っぽいとこもすごいファンで。とにかくぶっ飛んでる。それがご縁でR-birthやR-WORK-STUDIO(※4)のお仕事も手伝ってもらったりしています。
ほかにもVariousTechniquesの中島さんはアパレルブランド展示会にいったりラブサミ外でもお付き合いをさせていただいてます。 PUNKの人なんでハードコアの話なんかしてますね。和柄Tシャツ工房靖-sei-さんも直接Tシャツに筆で描くというスタイルがかっこよくて、他イベントでの出店も精力的になされていて会場でもよくお話させていただいております。R-birthはおかげさまでここ5~6年出店させていただいてやっとうちなんかラブサミ中堅くらいなブランドだと思うんですが、毎年他のブランドさんのTシャツを見させて頂いたり情報交換なお話させていただき、向上心燃やさせていただくのはR-birthの貴重なエネルギー源です。


-売り手からとしてもラブサミはよくある販売イベントではないのですね。


鬼 地元の友達とか周りには日本一のTシャツ甲子園とか勝手に言ってますから。(笑)
R-birthは毎年どちらかといえばA/WよりS/Sのほうがアイテム数が多いと思うんですが、直接販売のラブサミをかわ切りに新アイテムのお披露目ってのはよくあります。お客様の反応を直接知れるし、頑張って作ったのでドーン!と見てもらいたい気持ちもありますし。たしか去年なんかTシャツ含めてそれ以外の全アイテム10作品以上ラブサミで出したと思います。Tシャツ4000円くらいで売ってる同じブースで50000円のクラレンスギャバジンジャケット販売したり。(苦笑)


-ここ数年、そういった《made in Japan》なオリジナルウェアなんかも作られるようになりましたね。コストもかかると思うのですが、ぶっちゃけR-birthが売れ始めたからですか?


鬼 そこまでは...です!お世話になっているKENTOOさん(※5)、うしじまいい肉さん(※6)とアイテムを作るようになったこともあり、つきつめていけば奥浩哉先生デザ インTee(※7)などまで作れてしまって、そりゃ昔よりはある程度は皆様にご周知は頂けたとは思いますが、R-birth You’re SO COOL!レーベル(※8)のトゥルーロマンスレプリカウェアシリーズや、先日リリースしたsurvival shirts jacketとかコスト的に絶対うちで作っていいレベルをはるかに超えてしまいます。だから値段はどうしても高くなる。お客様としてもTシャツのように決して気軽には買えない。でもその実はあんまり声大きくして言えないですがオリジナルウェアについては、材料、生産地、専門の職人、など一切の妥協がないのでいつも採 算が合いません。 原価率とか計算すると俺本当に時間と金かけてなにやってるんだろうってなります。(苦笑)
だから、開発費だけギリギリ回収して首の皮一枚繋がったなんていう毎回が危機的状況です。


-それでもオリジナルウェアを続ける理由とは?


鬼 ずっとやりたかったからですね。R-birthは都内で活動ってのもほぼないし、そういった業界の方とも知り合えないのでコネも全くの0。なかなかオリジナル服作りに関してはずーっと経験を積めないままだったんですよね。今はネットでどうにかなるかもけど、最初はたとえばROMANCE HAWAIIAN SHIRTSは作るなら絶対に我が国、日本の伝統染めをしたいとかは構想にあったんですが、当時はどこにどういう風にお願いして進めていけばいいかも全然わからなかった。結局コネもないし、作るためには僕が独自で足を使って切り開くしかなかった。そうやってきてR-birthって早20年ぐらいやってるんですけどやっと少しだけつくり方がわかってきて、今までの作りたいという思いをぶつけてる感じです。
これからも予算がたまればムービーレプリカやオリジナルウェアは続けていきたいです。なんたって鬱積した作りたい衝動がありますから。(笑)
あとやっとですが、徐々に、少しずつ売れ始めてある程度の定評もらってる部分もありますので、モチベーションもおかげさまであげさせていただいております。そういえばアロハシャツ作った頃にインスタかなんかで某インディーズブランドみたいなところからDMがきて「どこでどうやって作るんですか?」っていきなり答えに近いこと聞かれて。あんときは頭にきた覚えがあります、インディーズ名乗るなら自分の力でやってみろよ、と。


-なるほど。さて、そんな思いでずっと作り続けているR-birthのTシャツやオリジナルウェアですが、ここを読んでいる皆様のために、今年もラブサミデビューする予定だった気になる新作アイテム軍の解説をお願いできますでしょうか?


鬼 待ってました!!(笑)


-(笑)ではまずTシャツたちから。最初からもう目を引くんですが、今季もまたKENTOO氏デザイン新作が盛りだくさんですね!


鬼 KENTOOさんのイラスト、国内だけじゃなく海外でもとても有名ですし私なんかが今更どうこう語れるレベルじゃないんですけど、もう本当に確立してる独自の世界があるのに、最初にお願いしたGirl’s Knight Booty!の2015年頃からさらに日々進化していて。今でも毎日ツイッターやインスタにイラストをUPし続けているそのイラストに対する情熱は凄まじいです。
そういうスタイルを尊敬しているのでR-birthのメイングラフィッカーをこれからもお願いしたいです。


-今季も全てリリースされておりますが、3つのカテゴライズのワークがありますね。R-birthからの別注アイテム、BUZZPOPS、そしてGeneration Roughについてそれぞれお聞きしても良いでしょうか?


鬼 まず、通常のR-birthからの別注アイテムについては完璧に僕からのイメージをお伝えしてグラフィックを書き下ろしてもらっています。Girl’s Knight Booty!、DANCE(Cow Girl’s Booty!)、MACHINE CRASH、ALABAMA、連作のbout Teeシリーズ、そして去年リリースの名作、異例の7版、paradine Bootyあたりですね。テーマはそのときで違えど共通するのは常にセクシーさとかっこよさを求めて描いてもらうようにしています。特にセクシーさは毎回もっともっとだしてくれ、と。(笑)
そしてこの別注ラインからは今回は2作リリースしていて、RAMONEパロディといつもの女勇者RちゃんのパーティーというどちらもKENTOOセクシーキャラクターが多人数な構成で今回はKENTOOさん例年より苦労したと思います。



RAMONEのほうはKENTOOさんからの逆アドバイスで元ネタの電撃BOP!なあのPUNKのジャケに近づくようにあえてモノクロ1版構成、黒ボディのみといういぶし銀な逸品が作れたと自負しております。立ち位置もポーズもオリジナルに敬意を払っているのがさすがPUNK好きのKENTOOさん。僕はマナーとして革ジャンとジーパン、コンバースに合わせてこちらを着ます!
近年は多版作品をやるようになっても、変わらずにこういう1版だからこそグサッと突き刺さるグラフィックもばっちり描いてもらえるのは本当に嬉しいです。ストリートの匂いを感じるというか。



もうひとつのパーティーteeは逆にparadineにつづく他版シルクスクリーンなフルカラーtee。背景のストーリー的にはですが、女勇者ちゃんは今季2020SSで名前がつきまして、R(アール)ちゃんと名付けました。今まで彼女は一人旅だからひどい目に遭っていたので冒険者の酒場で頼もしい仲間たちと出会ったのです。この新メンバーのお名前は公募しようかな。さすがにちと値段は張るけど、KENTOOさんは他のブランドでもTeeデザインしてるけどここまでの版数つかったTeeはまだないと思います。ブルー系だけでも3色もつかってる。こんな版構成は普通のとこは絶対やらない。知っての通り1枚1枚僕自身でプリントを施しているR-birthならではな、もう単純なTeeじゃなくて作品として額装出来る神々しいレベルのものに昇華できたと自負しております。いや、でも服なんでね、ガンガン着ていただいて正解ですけども。
いやしかしこちらはあまりにもコストと時間がかかりすぎた。1週間かけてわずか10枚くらいしか作れない。ある意味、つきつめた究極のTシャツかもしれない。


-当たり前ですが今回の新作も全て、現在でも1枚1枚鬼島さん自身でプリントしていますもんね。


鬼 それをやらなくなったらR-birthじゃ無くなりますからね。俺が死んだら(R-birth Tシャツに)多少付加価値が出たらいいな。(笑)


-(笑)続いてBUZZPOPSについては?


鬼 このシリーズは2作ずつ毎年リリースしていて、今季でいよいよ9、そして10作目を迎えます。10作目はそれを記念してBUZZPOPSシリーズ初の3版カラー構成です。 でっかいので刷るのにかなり苦労しました。色も単純に肌色とか使うのは避けたりして。理屈なしにかっこいいでしょ。このシリーズはKENTOOさんからオファーがあって始めたもので。僕もKENTOOさんもPUNK ROCKが大好きで。そういった音楽的ニュアンスをこめてグラフィックについては別注ラインとは逆でKENTOOさん自身でイラストを選別していただいております。どのTeeからも《音楽》を感じることができたら嬉しいです。フェスとかに着て行ってもらいたいシリーズかな。あ、でも先ほどの10作目については僕がKENTOOさんの新しいイラスト集から選ばせていただきました。単純にこの子がとても可愛くて。9作目もbizarreっぽい衣装でKENTOOさんのROCKを感じてロゴの配置 かもとても好きです。これとRAMONEは革ジャンの下に1枚でバシッと着たいです。





-Generation Roughにつきましてはいかがですか?


鬼 KENTOOさんはさっきも言った通り毎日たくさんのイラストを描かれていて。ラフのイラストでもとても素敵なものが多いんです。あえて線画のままTeeにプリントしても渋いのかなって思って。あらあらしいラフさがあえて良いというか。なのでシリーズ名はお互い好きなバンドのGENERATIONXからとってGeneration Rough。最初は年末恒例の福セット※8に入れてたんですけどね。これ、襟のネームのとこが通常とは違ってスタンプ押してるんです。


-ここのスタンプはRabbit社のパロディですね?


鬼 お、やっぱりわかってましたか。シドビシャスの南京錠作ってた会社のロゴっす。通常品は襟ネームと裾のヘルムくんネームや、YSC!ネームもいつも僕自身でプリント後にミシンで1枚1枚縫い付けてます。結構手間がかかってしまうんですよ。このシリーズは廉価版ということで5,0ozボディを使ってこの工程を多少省いているので少しプライスダウンできております。どっちみちエリネームは外してからまた縫って閉じてるからやることは実はそんなに変わんないんですけど。で、代わりに昔からやっているD.I.Yで作成している匂いを残すためにスタンプを1枚1枚に押しています。roughっていう意味合いにもちょうどいいかな、と。
このGeneration Roughは福セットか、ラブサミという直接販売でしか手に入らないシリーズでもあります、普段は通常は通販はしません。R-birth やKENTOOさんのイラストが気になってくれた人に値段が抑えてあるのでR-birthのファーストTeeとしても手に入れやすくていいかなって。今回はほかのシリーズのTeeがグラフィックデザインにかなり自信があって、ボディ自体の色味はシンプルなバニラホワイトかブラックが多かったんです。
なのでこのラインでは今季はこのシリーズでブルーとかボディカラーも夏っぽい色味のあるものを選ばせてもらったりしてます。左胸ワンポイントのデザインも目新しい。今季のKENTOOアロハのインナーにいいかも。インナーもこっそりKENTOOさんデザイン、みたいなね。



-ではお話が出たとこでもう聞いちゃっていいですかね。この爽やかなアロハシャツについて。







鬼 言わずもがな、今季の大ボスです。KENTOOさん描き下ろし柄のアロハシャツ!!
オリジナルアロハってクラレンスアロハ作って以来、ずっとやりたかったんですよ。


-僕もこの後購入させていただきます、こだわりのポイントなどは?


鬼 まず、グラフィックについては描きおろしで、R-birthならではということでもはやアイコンになっている女勇者Rちゃんとロックガールの2人、そしてKENTOOさん的マスコットをちりばめていただきました。ホースシューリングなんかもさりげに。ロックガールについては私が大好きなバンド、THE MUFFSの昨年亡くなってしまったKim Shattuckさんへの敬愛として、ディティールを髪型とかギターは同じものだったり、と入れてもらっています。ロックガールとして世界で一番かっこいいと思っていますので。
柄はいわばR-birthの代表的アイコンの集大成って感じです。そして生地は天然繊維であるリヨセル100%の生地。ビンテージアロハによく使われている生地です。すなわちこのアロハシャツも自ずと経年変化してビンテージアロハシャツとして成長してゆきます。リヨセル100%ってもいろんな生地があるんです。今回選んだのはしなやかさのあるリヨセルでもコシのあるしっかりした超上質生地。この生地の良さは肌に当てた時にすぐにわかると思います。下にTシャツきても透けにくいかな。
染めについてはクラレンスアロハと同じ、日本伝統の京都手捺染。色味は夏=アロハということで涼しげなライトブルーを入れてます。ベース地も生地のままの無機質なホワイトが嫌だったので温かみのあるアイボリーインクをまず下に敷いてもらっていますのでライトブルー、ブラックで合計3色か。うちのTシャツでいうバニラホワイトボディみたいで懐かしい温かみがあるでしょ。デニムにもバッチリな色味です。下地のアイボリーとブルーの濃さの相性にかなりこだわって相当数な染めテストしてもらったんです。


-ブルーインクとクリーム色の地がとてもいい相性ですね!パターン(型紙)的には工夫が?


鬼 うちのもう一枚のアロハであるクラレンスアロハと差別化するために、全く違うパターンを取り入れました。あのシャツは本物が80年代っぽかったんで当然そのまま作りましたが、今回は50年代のアロハシャツ、そのものズバリって感じを出したくて。同じ50年代のビンテージボーリングシャツのオープンカラーやポケットパーツの意匠を盛り込んでいます。第一ボタンと胸ポケットの共布ボタンホールや脇の長めのスリットとかですね。
ボタンも今回は王道、ココナッツボタン仕様です。SからXLサイズまでありますが着用感は50年代当時のような、どちらかというとやや大きめでさらっときれる感じを狙っております。


-確かに大きめの襟とか、アロハだけでなく不良の定番シャツって感じが出てますね!


鬼 ピンナップガールをプリントしたセクシー柄ビンテージアロハシャツってコレクターの間でもプレミア価格のついちゃうような古着もあって。それをKENTOOさんのイラストで現代に復刻ってすごいことやったと思ってます!長年みなさんに愛してもらって何十年後にはそれぞれのビンテージに成長します、断言して言える一生モノです。


-まさにずっと着れる一生モノですね。自分のアロハシャツはこれが終着駅でもいい気がします。みなさん予算もあると思うのですが作成数はどうですか?


鬼 ズバリきますね。えっとすげー少ないです。せっかくだから多めに作りたいけど、思ったより縫賃などがかかってしまった。欲しいと思ったらすぐにGETしてもらうのがいいと思います。今の生地ストックが尽き次第、再販は今のところは全く考えてないです。


-ではみなさん今季の大ボス、一生着れるアロハシャツはお早めに!といことで。そして-birthの構成上もう半分の部分、TRUE-ROMANCE(※9)ウェアシリーズについてお聞きします。今回は久々にシルバーアクセサリーきましたね!あと他版Tシャツに去年好 評のポケットteeの新作ですね?



鬼 はい、このCLARENCE刻印のシルバ-925のブレスレットはずっと作りたかったんです。なんたって、第一弾で復刻したホースシューリングの登場する前、冒頭のクラレンス初登場のBARで熟女口説いてるシーンから最後までずっと身につけてますから。


-え、そうなんですか?


鬼 うん、映画冒頭から注意して見てもらえればわかると思いますが左手からちらちら見えてます。50’sロカビリー定番アイテムのIDブレスってやつですね。これも今までのレプリカウェアと同じくクラレンスのエルビス愛という設定からの衣装なんでしょう。ホースシューリングやギャバジンジャケットと同じように大昔から今日までずっとロカビリーやロックンロール好きな人にとっては不変的定番アイテムです。


-こんなちょい映る小物まで!あの映画ほんと設定が細かいですね!!


鬼 ね。このIDブレスも緻密さで好評を頂いたホースシューリングと同じく、地元茂原市のシルバーブランド、DRIVE(DRED LINE)で作成してもらったコラボモデルです。裏面にはリングと同じくYou’re so cool!ってアラバマサインとコラボネーム刻印がちっさく入ります。


-クラレンス本人の名前が刻印されているんですね。これ例えば、私の名前とかオリジナル刻印も頼めたりするんですか?


鬼 あ、やっぱりそこは考えてます。でも基本的にはムービーレプリカアイテムですからね。このままが良いとは作った私は思いますが、どうしてもの場合はメールくだされば別注対応します。(※別途刻印作業料金がかかります。)


-なるほど。やっぱりホースシューリング持ってる人は特にマストなアイテムですね。


鬼 リングがゴールドでしょ。僕のもそうだけど経年変化してそろそろ持ってる人のゴールド感もおちついてきてると思う。そこでこのシルバーのコントラストがすげえ好きなんですよ。左手はこの対になって完成、というか。


-こちらも一生ものですね、今後のウェア展開についてはいかがですか?


鬼 うーん。これが予算くらいは回収できれば。さっきも言ったけどオリジナルってかなりコストが。でも、逆算してこのブレス、ギャバジンJKT、アロハシャツ、インナーのポケットTee、ホースシューリングでそろそろ完成に近いと思うんですよ。クラレンスのジーパンなんて古着でどうにでもなるし、うちがデニム作ってもなぁって今は思ってます。だからこそ今回のIDブレスの比重は大きいと思ってます。やっぱりこの劇中クライマックスのビバリーアンバサダーホテルのクラレンスのファッションがまず、トゥルーロマンスの代表されるクラレンスの スタイルだとみんな想像してるとおもうんです。もしやるなら、次はこのスタイルの外になりますかねー、まだわからないけど。


-期待しています。そしてトゥルーロマンス部門の新しいTシャツについてですが。今回はギャバジンJKTで使った尾州製オリジナル生地を使用したポケットteeの新作と、二人の初めての出会いの映画館の多版ものですね!



鬼 はい、今季もYSC!レーベルから2枚、ポケットteeと多版Tシャツを作りました。まずポケットtee。これは実は昨年、クラレンスギャバジンJKT作った時に同時進行で作っていたんです。でもすぐ売らなかったのは、やっぱりギャバジンジャケット買った人にすぐこういうのリリースするのも心象悪いかなって。 でもまずこれ買ってもらって尾州のオリジナル生地に触れてもらうのも良かったかな。サクサクしてて胸ポケットをつい撫でたくなる。第1弾のクラレンスアロハ生地仕様ポケットTeeと同じくWポケット仕様で便利に使えます。7ozのヘビーウェイト生地なんで一年中着れるタフなやつですね。


-comic archives,クラレンスアロハ生地につづくヘビーポケットTee第3弾ですね。初のブラックも渋いです。そしてこちらの目を引くお得意の多版トゥルーロマンスteeについては?


鬼 こちらはピーナツブートシリーズからのお付き合いの望月さんに今回も描いてもらってます。今回のアイデアを模索してるときにツイッターかなんかで映画館のルールとか言っててバズってる人がいて。やれお菓子の袋ガサガサの音がー、子供が泣き出してーとか、エンディングロールで携帯のライトがどうとか。もうとにかく怒ってて。確かにお金払って見に行ってうるさいのは勘弁だけど、このシーンってアラバマが現れてポップコーンは撒き散らす、私語バンバン話しちゃうし、とどめにはタバコ吸い出します。笑 肯定できる行為じゃないけど、俺らが好きな時代の映画って本国アメリカでもこんなもんだったでしょ。神経尖らせてみるのもいいけど、一人で暇なときに映画館に行ってマニアックな同じ趣味の映画にアラバマみたいな美女がいたら、とか。実際いるわけないんだけどさ。そんなトゥルーロマンス見て以来、あの頃の抱いていた神話みたいなもんひっくるめて映画館ってそういうもんだったなぁという僕なりの近年の映画館文化への懐古感とアンチテーゼが裏メッセージです。(笑)でも映画館では静かにしなくちゃダメですよ。


-そんな裏テーマが。でも二人の場面の最初ですしね。映画テーマとしてもいいですね。映画館の暗さと光のコントラストが素敵です。


鬼 ボディは暗い色のネイビーを選びました。最初はそのものブラックで行こうかとおもってたんですが、映画館の暗闇をイメージしたときに映写機の光の反射なんかを考えるとネイビーの方が温かみがあってまとまりがよくなるかなと。ぜひ映画を見に出かけるときなんかに着て欲しいですね! そして、正確には新作じゃないんだけど、同じ望月さんに描いていただいたRAPTOR Teeが2020S/Sにレギュラーアイテムに昇格しています。



-あ、映画「ゴーストワールド」のイー二ドが着てるやつですね。これ以前の福セットで開発したんでしたっけ。


鬼 そうです。5版も使ってるし、1企画で終わらせてしまうのはもったいないとスクリーンを保管していて。あの映画も初見以来ずっと大好きだし。そのものズバリなロイヤルブルーのみ作成です。


-復刻品なんかは今後も予定はありますか?


鬼 うーん、僕がきにいってるものだったらあるかもしれません。まだ全然わかんないけど。


-ざっと新作について解説をいただきました。そして、今季から直近でそのほかの企画などはどういったものがありますか?


鬼 えーと、現在開発中のものとしては、一緒にワンフェスに出てる原型氏の橋本さんにR-birth初のガレージフィギュアを作ってもらってます。これが掲載される頃にはサフ原型くらいまでは出来てる予定なんですが、KENTOOさんのGirls Paradineをレジンキャストで立体化してもらってます。本来ならばラブサミブースに展示の予定でした。もちろんKENTOOさんに監修いただきます。


-すごいですね!!初のフィギュアとしてこちらをえらんだのは?


鬼 やっぱりうちのアイコンかなーと。ヘルムくんとセクシーガールと。


-キット販売ですか?値が張ってもフルカラー、完成品で買いたい人も多いと思いますが。


鬼 なんとか完成品で販売できないか、橋本さんに交渉しています。誰もがヤスリ掛けして気泡埋めして塗装といった大変な作業のガレキ作れる人じゃないからね。でもそこまでやると決して安い値段じゃないから販売自体もごく数体のみだと思います


-初の立体物、引き続き楽しみですね!さてそろそろこのインタビューも大詰めですが、今後の展望などがありましたら。


鬼 今後のR-birthの展望についてはラブサミを一区切りとした今季S/Sのここまでたどり着くのが精一杯だったのでつぎのA/Wについてだってまだなんとも。でも、いつかの未来作りたい夢のアイテムとしては革ジャンですね。バシッとかっこよくてバイクとかに乗る人でも満足できるような。


-革ジャンコレクターの腕がなりますか。


鬼 いやいや、作るに関しては未知数なんで。でも作れたら最高だろうなー。誰か資金援助してくれないかな(笑)


-(笑)それでは最後に読んでくれた皆様にメッセージを。


鬼 こんなインタビュー、ここまで読んでくれる人がいるかわかりませんが、ありがとうございました! 今回のR-birthサイバーフェス、ラブサミの代わりのせめてもの企画として用意したつもりです。全部楽しんでもらったら嬉しいです。今回はとても残念でしたが僕自身も またKnignts一人一人と会いたいです。また必ずチャンスがあると思いますのでその時こそ、改めてよろしくお願いいたします。あと、いまはほんとに見通し経たない恐るべき世の中で。不要不急の外出は避けていただいて健康にだけはぜったい留意してください。またこの状況が落ち着いたらKnightsのみんなとラブサミで必ず会いたいです。
改めてありがとうございました。


-ありがとうございました。


インタビュアー/森健(DARKING)



鬼島 幸秀
R-birth ブランドディレクター


千葉県茂原市に生まれ、20代前半からR-birth前身ブランドにてTシャツや 革製品をD.I.Yで作成し販売することを始める。現在はインディーズブランドR-birthを一人で運営。ハンドプリントシルクスクリーン技術を得意として世界的アーティスト、KENTOO氏とのブランドや元祖コスプレクイーンうしじまいい肉さん、漫画家 奥浩哉先生とのコラボ作品などを話題作を多数作成。趣味は映画とPUNK ROCKと80年代アニメ、ゲームなどの玩具コレクション。




注約


※1 Tシャツラブサミットの通称。毎年GWあたりに開催されるインディーズTシャツブランドの祭典。多岐にわたるTシャツブランドが50店以上出店されるまさに登竜門。ほかにも有名漫画家による似顔絵コーナー、有名芸人によるお笑いライブなど一日中楽しめるTシャツフェス。


※2 R-birthの常連客の呼称。メインロゴの騎士になぞらえての騎士団的意味合い。 北は北海道から南は沖縄まで。 Tシャツ1枚持ってればあなたもR-birth Knights!!


※3ハードコアチョコレートTシャツブランドの大御所。オフィシャルコラボTeeが名物で、各プロレス、映画、お笑い、など 多岐にわたるオフィシャルTシャツを企画、販売。先ほどのラブサミの主催ブランドでもある。R-birthはコアチョコさんが出版された指南書「インディーズブランドの作り方」にて手作りTシャツの作り方コーナーで取材協力させていただきました。


※4 R-birthのかたわら、鬼島が運営するユニフォーム業。屋号でもある。R-birthと同じく鬼島が1枚から飲食、建設、などなど町の企業向けのユニフォームウェアを作成。


※5 R-birthや、BUZZPOPS、GENERATION ROUGHの珠玉なPOPセクシーガールたちを描く世界的に支持されるグラフィックアーティスト。鬼島と同じく PUNK,HARDCOREミュージック好きでもある。


※6 言わずと知れたマルチな業界人でありR-birthの女神様。普段はとっても心優しいカリスマお姉さん。ランジェリーブランド、プレデターラット主催。R-birthとのコラボTシャツ多数。


※7 ある日通販メールが来て、まさかのGANTZの作者、奥浩哉先生!そのご縁でTシャツコラボまで実現。


※8 R-birthのもうひとつのハイブランド。主にオリジナルウェアやトゥルーロマンスレプリカはこのレーベルからリリースされている。


※9 93年米映画作品。トニースコット監督、クエンティンタランティーノ脚本。


-獰猛な愛だけが残る-のキャッチコピーで現在でも世界中に熱狂的なファンが多いバイオレンスラブロマンスムービー。ここ読んでてまだ見てない人はすぐに見ましょう!